CAST

ガブリエル・バーン

Gabriel Byrne as Gene

1950年アイルランド・ダブリン生まれ。

地元で中学教師をしていたが、校内の演劇に出演し役者を志すようになる。その後、舞台を経てTVにも出演。その演技を見たジョン・ブアマンによって1981年『エクスカリバー』でアーサー王の父役で映画デビュー。TVを含めて次第に頭角を現し、1986年ケン・ラッセル監督『ゴシック』の主演で注目を集める。その後、ハリウッドにも活動の舞台を広げ、コーエン兄弟の『ミラーズ・クロッシング』(90)のヒットで世界的スターの仲間入りを果たす。1993年には『父の祈りを』で製作を手掛ける。『ユージュアル・サスペクツ』(95)でも名優たちの中、その存在感で輝きを放っていた。その他の代表作にヴェム・ヴェンダース監督作『エンド・オブ・バイオレンス』(97)、デヴィッド・クローネンバーグ監督作『スパイダー/少年は蜘蛛にキスをする』(02)、コスタ=ガヴラス監督作『ザ・キャピタル マネーにとりつかれた男』(12)など世界の巨匠から愛される名優である。

ジェシー・アイゼンバーグ

Jesse Eisenberg as Jonah

1983年アメリカ・ニューヨーク生まれ。

大学教授の父と道化師の母のもと育つ。1999年にテレビシリーズの「ゲット・リアル」で俳優デビューし、テレビ映画やインディーズ映画などでキャリアを重ねていく。2002年に出演した青春コメディ映画『Roger Dodger』でサンディエゴ映画祭の新人賞を受賞。『卒業の朝』(02)、『イカとクジラ』(05)、『ゾンビランド』(09)とキャリアを積み、『ソーシャル・ネットワーク』(10)に主演、アカデミー賞主演男優賞にノミネートされる。その後、『グランド・イリュージョン』シリーズ(13、16)、『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』(16)など大作への主演が相次ぎ、ハリウッドを代表する若手演技派俳優へと成長を遂げている。近年では舞台への出演、戯曲執筆も積極的に行っている。

イザベル・ユペール

Isabelle Huppert as Isabelle

1953年フランス・パリ生まれ。

大学ではロシア語を専攻していたが演劇に魅了され、パリのコンセルヴァトワールで演技を学ぶ。1971年『夏の日のフォスティーヌ』で映画デビュー。その後、しばらく端役が続いたが、1978年クロード・シャブロル監督作「ヴァイオレット・ノジエール」でカンヌ国際映画祭主演女優賞を受賞、フランスを代表する世界的女優の地位を固めた。以降、『勝手に逃げろ/人生』(79)、『天国の門』(81)をはじめ、ゴダール、チミノ、シャブロル、ワイダ、ドワイヨン、オゾンら国内外の巨匠の作品に立て続けに主演。近年でも『愛、アムール』(12)、『3人のアンヌ』(12)など国籍を問わず精力的に出演を続けている。2009年にはカンヌ国際映画祭審査委員長を務めた。セザール賞女優賞15回ノミネートは同賞の最多記録(受賞は1回)。


デヴィン・ドルイド

Devin Druid as Conrad

1998年アメリカ・バージニア州生まれ。

学校行事でロックバンドのフロントマンとして出演し喝采を浴びたことをきっかけに人前でパフォーマンスすることに目覚める。数々のオーディションを受けいくつかの映画、TVに出演。ジェレミー・レナー、F・マレー・エイブラハムと共演したTVシリーズ「Louie」(14)で高い評価を得、続いてフランシス・マクドーマンドとリチャード・ジェンキンスが両親役を演じたHBOのミニシリーズ「Olive Kitteridge」(14)で繊細な演技を披露した。映画最新作はダニエル・ラドクリフと共演の「Imperium」(16)。同年代の俳優としては類を見ない深みのある演技力で、今後の活躍が期待される若手俳優だ。

デヴィッド・ストラザーン

David Strathairn as Richard

1949年アメリカ・サンフランシスコ生まれ。

ボストンのウィリアムズ大学在学中、後に映画監督となるジョン・セイルズと出会い、卒業後、セイルズに誘われ『セコーカス・セブン』(80)でスクリーンデビュー。同作を含めセイルズ作品に7作出演している。以降、インディペンデント作品を中心に出演を重ねるが、90年代に入り『メンフィスベル』(90)、『スニーカーズ』(92)、『ザ・ファーム/法律事務所』(93)、『激流』(94)、『L.A.コンフィデンシャル』(97)などの大作で存在感を発揮し、高い評価を得る。2005年ジョージ・クルーニー監督作『グッドナイト&グッドラック』の主演でヴェネチア国際映画祭主演男優賞を獲得、アカデミー賞主演男優賞にもノミネートされた。その他の出演作に、『黙秘』(95)、『マイ・ブルーベリー・ナイツ』(07)、『リンカーン』(12)、『GODZILLA ゴジラ』(14)などがある。

Pagetop